マルカの家 住み心地のいい家 「涼温な家」  ゼロエネの家
 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀 「住み心地」
いちばん
マルカの家

マルカの家「住み心地」通信

昼下がりの体感ハウス、そして自宅

2016年8月12日(金)

日々の住み心地

今日の昼下がりの室温を見てまわりました。

自宅に戻る。(7月下旬より涼温エアコンの設定は27度、40%出力節電モード、弱運転、日中のみの運転で夜は切っています。)

午後2時30分、1階リビング(南掃き出し窓はブラインドにて透かし、適度な遮光を心掛けています。)室温26.6度、屋内湿度50%(南面ベランダ下の外気温度33.5度、外の湿度89%)と、その他の部屋も含め、快適状態をキープしています。

自宅・涼温エアコンの設定状態(午後2時30分時点)
自宅・1階リビングの温度、湿度(下・外気温度、湿度)

続けていなべ体感ハウスへ。(いなべ体感ハウスでは同じく7月下旬より涼温エアコンの設定25度、70%出力節電モード、弱運転、日中のみの運転(9時~17時)です。

いなべ体感ハウス・涼温エアコンの設定状態(午後3時過時点)
いなべ体感ハウス・1階温度、湿度(下・外気温度、湿度)

午後3時過ぎ、1階DK(キッチンカウンター上で計測、南ドレーキップ小窓は遮光ロールスクリーン、南掃き出し窓は自宅と同じくブラインドにて透かし、適度な遮光をしています。)は室温25.5度、屋内湿度54%(ハウス南面ベランダ下の外気温度33.1度、外の湿度73%)、2階(洗面化粧コーナー(北向き)で計測)は室温25.2度、外気温度33.1度、小屋裏(書斎カウンター(北向き)で計測)では室温25.3度、外気温度33度。

ここ数日の暑い昼下がりにも、25度台で省エネかつ快適な屋内空間でお過ごしいただくことができます。

いなべ体感ハウス・2階温度(上・外気温度)
いなべ体感ハウス・小屋裏温度(上・外気温度)

打合せが入り、いったん事務所に戻る。夕刻前に桑名体感ハウスへ。(桑名体感ハウスは同じく7月下旬より涼温エアコン27度設定、40%出力節電モード、弱運転にて昼夜連続運転をしています。)午後5時過ぎ、外気温度は少し下がり29度、外の湿度は高いままで85%でしたが室内は1階、2階、小屋裏共に27度台で安定しています。

桑名体感ハウス・涼温エアコンの設定状態(午後5時14分時点)

桑名体感ハウスは私の自宅同様(涼温エアコンの設定27度、40%出力で節電モード、弱運転)に社員家族が一日を通し住んでいます。27度目安でも嫌な湿気を感じることなく快適に過ごすことができる、省エネかつ健康に暮らせる、その住み心地をより詳しくお客様にお伝えできればと考えています。

もちろん、お好みの温度帯でお過ごしいただける設定ができるため、もう一方のいなべ体感ハウスでは、25度台での涼温な家をご体感していただけるようにしています。長時間のご見学、ご体感にも、いやな気流や「冷え過ぎ」を感じることなく、快適にお過ごしいただけるよう配慮しています。

また、自分自身が「涼温な家」に住んでみて思うことは、夏、屋内をさわやかに感じる湿度を保てれば、時に扇風機などを使い、27度目安でも家全体を快適に感じることができるということです。

朝に出社、夜に帰宅なのですが、時には今日にように昼間少し自宅に帰ることがあります。

できることなら家に何度も帰りたい、そう思ってしまう湿度高い暑い夏が続きます。

私自身はここ数日、オリンピックのダイジェスト(時にライブ)、高校野球のダイジェストにと、次々に熱が入る毎夜を送っています。ブラジルでの日本人の活躍に、また夏の甲子園の高校球児の活躍に、特に出場した地元いなべ総合学園高校の活躍もてつだって、はずむ心がオーバーヒートする夜が続いています。



株式会社マルカ 近藤元和


近藤元和

月別アーカイブ

2018年
2017年
2016年