マルカの家 住み心地のいい家 「涼温な家」  ゼロエネの家
 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀 「住み心地」
いちばん
マルカの家

マルカの家「住み心地」通信

夏の「体感ハウス」.(涼温房.なぜセンターダクトを用いているのか。)

2019年8月7日(水)

日々の住み心地

夏の「体感ハウス」で「涼房」の夏をご体感いただきながらお客様とこんなお話をしている。


換気及び涼温房をどう実現しているのかを。

なぜセンターダクトを用い「換気の経路」を変えなければならないのかをまじえて。


『他社の全館空調は「冷暖房」であり「涼温房」ではありません。

「涼温な家」はどこまでも換気が主役。ご家族の健康が目的です。ここが大きく異なるポイントです。


汚れている外気をきれいに浄化し、熱交換の後、センターダクトを通して家の中心からやさしく供給します。


室内で最も空気を汚染するのは、人とその生活です。

センターダクトから供給された新鮮な空気は各居室に運ばれ、汚れた空気は他の部屋に拡散されることなくその場から排出されます。そうすることで換気の効率が良くなり、室内の粉塵・カビ・生活臭・水蒸気等の汚染物質をより効率的に排出することができます。


また、冷暖房が主役の全館空調とは異なり、換気が主役の「涼温な家」は体に優しいマイルドな涼温感が大きな魅力です。

熱容量の大きい「外断熱」の家は夏には蓄冷、保冷の効果を発揮します。(冬には蓄温、保温の効果を発揮)そのおかげで一台のエアコンの効果が及ぶ面積が他の工法よりも広範囲になり、さらに換気システムが全熱交換型であり、24時間温度と湿度を快適レベルに近づける働きをしているので、力まかせに冷暖房する必要はありません。


お部屋付けのエアコンには気になる“風”と“音”があります。この不快な風の流れや音も感じることはありません。またきれいな空気を維持するためのフィルター交換、掃除も簡単に行えます。


常に換気が主でありエアコンは従なので「冷暖房」ではなく、健康増進に役立つ住み心地のよい、やさしい「涼温房」が実現できます。』


『まず、器である家の基礎、壁、屋根に全て連続性のなされた外断熱をし、

次に、「涼温房」を実現するために必ずセンターダクトを用い、従来の不合理だった「換気の経路」を変えます。そうしない限りはエアコンが主で換気が従となる「冷暖房」になってしまいます。

日本人の皮膚感覚は、欧米の人たちと比べるとはるかに繊細で敏感です。温度は同じであっても暖かさ、涼しさの質の違い、かすかな気流や空気感の違いが分かります。

自分が敏感だと思う人は、全館空調の選択には特に慎重を期すべきです。実際に1シーズン住んでみるとよく分かりますが、皮膚感覚に合わない全館空調ほどストレスになるものはありません。

「涼温房」と「冷暖房」両者は似て非なるものです。決して同じではありません。』


夏の「涼房」をご体感いただきながら、このお話をさせていただく。

センターダクトを用い「換気の経路」を変える意味を含めて。


株式会社 マルカ 近藤元和


近藤元和

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年