マルカの家 いい家 外断熱 空気のきれいな家 涼温な家 ゼロエネの家 注文住宅 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀

マルカ「住み心地」通信

日々の住み心地

2017年01月20日(金)

近藤元和

春のお引渡しに向かって

 名古屋市瑞穂区のI様。
建物内部の造作はおおむね完成し、可変ができる多目的スペースとしていた所の最終造作に入った。
I様が一昨年夏、弊社の桑名体感ハウスにお越しくださった時の話。
「名古屋の夏は本当に暑い。こうはいきませんよね。」
「大丈夫です。桑名と20kmと離れていません。お任せ下さい。」
「エレベーターですが、できればずっと使わずに元気に過ごせたらと思います。

「エレベーターを使わずに生涯元気にお過ごしいただけることが一番。そのための家をお造りさせていただきます。」
2階、小屋裏にいたるまでを生涯に使っていただく、さらにいかなる将来にも備える。そのひとつとして桑名の体感ハウスでは1階から小屋裏まで同じリズムで安全に登り降りでき中間にフラットな踊り場を設けた折り返し階段を、となりにはホームエレベーターとなることができる各階1.5帖弱の納戸スペースを設けている。
「雨の日、車から降り濡れずに玄関に入れる。これっていいですね。」
I様宅は今、外構工事のお手伝いもしている。駐車場から玄関までの5m長さのエントランスに屋根を設けた。
お出会いの時から思い出がいっぱいのI様。家族が健康で楽しく生きがいある生活ができる家、そして老後頼れる一番確かなものとしてその家造りを託してくださった。
お引渡しが近づいている。喜んでいただきたい思いでいっぱいだ。

株式会社マルカ 近藤元和


日々の住み心地

2017年01月11日(水)

近藤元和

北海道でのような屋内環境の家を探して。

 「北海道でのような屋内環境の家を探していました。仕事での住まい、札幌では夏は涼しくエアコンは数日程度、冬は家の中は暖かくできるのです。名古屋でもそんな暮らしができる。そんな家づくりがきっとあるはずだと探していました。」
昨年のお出会いでそうおっしゃられた名古屋市北区I様の新築地鎮祭を先日行った。
「年末こちらに戻るのに3日通しで帰ってきました。3日目にようやく飛行機が。
今年の寒さも心配です。」千歳ではその間、連日何千人という飛行機搭乗待機の人たちでいっぱいになっていたとのこと。
今朝の地元、三重北部の鈴鹿の山並みはどんよりと曇り、上空はしぐれ、空気が冷たくこれからの寒さを予感させた。冬の北海道の人たちに比べると天国の地なのだと思う。
家の中の環境も負けずに暖かい。
自宅を「涼温な家」に改修し、4年を住んだ。
きれいな空気とぶれない心地良さにありがたく思う。

株式会社マルカ 近藤元和

日々の住み心地

2017年01月06日(金)

近藤元和

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
穏やかなお正月にも恵まれ、社員、所属の大工さん達ともに元気に新年をスタートすることができました。
事故や怪我なく、本年もお客様にとっての「いい家」をおつくりするその気持ちでいっぱいです。
昨年同様、頑張ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社マルカ 近藤元和

page top