マルカの家 いい家 外断熱 空気のきれいな家 涼温な家 ゼロエネの家 注文住宅 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀

マルカ「住み心地」通信

日々の住み心地

2016年06月29日(水)

近藤元和

やはり、「換気」。

家づくりで重要なところは、家中をきれいな空気で確実に換気できる家であること。
「風通りのいい家がいい。窓を開けることを意識して家づくりを考えていました。」
「窓をそうそう、開けなくていいんですよね。外の空気もきれいでないし。」
設計お打合せに入るとよくお客様がそうお話しくださる。
自分自身も住んでみてのお話をする。
「実は私もそうでした。でも住んでみて開けたい気持ちがなくなりました。外の空気の汚れが一目瞭然。自宅では私の寝室のそばに換気装置があります。ほぼ毎日朝晩に見ています。フィルターの掃除はほぼ月2回のペース。面倒ではなく、掃除したくなります。汚れが見えるからです。外の空気はきれいではありません。」
「自宅の西方向に国道(365、306)があり、100mも離れていない。その奥には太平洋セメントの工場があります。ほぼ毎日煙を出しています。」
「山沿いに位置する我が家なのですが空気環境は決してよくはなかった。そのことがとてもよくわかります。」
「でも窓は採光上必要なもの。また気持ちの上でもバランスよく随所にとりたいものです。しかしよく考えてとりつけないと日射の熱など生活を不快にする大きな要因にもつながります。設計上の重要なポイントです。」
昨日もお客様とこのお話をした。

株式会社マルカ 近藤元和


昨日お客様とお打合せをした桑名体感ハウス

日々の住み心地

2016年06月07日(火)

近藤元和

この山並みに囲まれて

 今日、春日井市I様邸の上棟、建て方工事が完了した。
少し離れた所に車を止め、お現場へ歩いた。
近づくと、背景の山並みが一枚の風景画のように新居にかさなり合って見えた。
指示をかける大工リーダー太田のもと総勢9名で昨日よりの工事だった。
「こんなに進むとは思っていませんでした。すごいですね。」
I様ご夫妻の笑顔がうれしかった。
お現場にしばらく残り、I様ご夫妻と小屋裏に登った。
東、北の方向に山並みが切り取った絵のように映り込む。
「歩いてくる時もそうでした。こちらは美しい風景ですね。」
「この山並みが気に入ってここに決め、住んできたのです。今度の家が楽しみです。」
「一本、一本が太いのですね。そばで見るとすごい。」
柱や梁、小屋裏から見える屋根垂木まで、そう言って喜んでくださった。
東隣りの家が今までお住まいの家。幾度かお邪魔したことがある。
暑さと寒さ、特にぐっと冷え込む冬の寒さを嘆かれた。その時のことを思いうかべていた。
暑さ寒さに耐えることなく、これからは心ゆくまでくつろいでいただきたい。
先、ご新居で暮らされるI様ご夫妻を想像した。
四季折々、窓辺に映る山並みの彩どりを楽しまれ、どんなお話しがはずむのだろう。

株式会社マルカ 近藤元和







page top