マルカの家 いい家 外断熱 空気のきれいな家 涼温な家 ゼロエネの家 注文住宅 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀

マルカ「住み心地」通信

日々の住み心地

2016年02月16日(火)

近藤元和

毎日の「励み」をお客様から

本日、刈谷市にてM様邸の上棟、建方工事が無事終わった。
先週末の予定をこの週明けにずらした。
「延期していただいてよかったです。よく降りましたね。」
「柱の太さ、梁の大きさ、思っていた以上です。」
「やっとここまでこれた。そんな思いです。」
ご夫妻がお会いするなり言われた。
境界が定まらず、M様ご夫妻とともに確定を待ち続けた。
ご紹介した土地家屋調査士の先生に頑張っていただくも、ほぼ1年が経過していた。
先日の春一番もと言われた日曜日は名古屋市にてI様邸の地鎮祭。朝の雨に気をもんだ。
9時に祭事が始まった。祝詞奏上に合わせるように雨がやんだ。
「地鎮祭の雨は清めととらえどちらかというと喜ばれることが多いです。私たちは少しばかり苦労しますが。」
神主さんのごあいさつに共に参加した服部、近藤(祐)の表情がやわらいだ。
日曜午後はN様のご新居の候補地を見てまわった。
年始にお出会いしたN様は、ご新居を望まれ四日市市近郊にてお土地を見つけられ弊社にご相談をいただいたのだが、検討の結果そのお土地を見送られた経緯があった。
お役にたてるといいのだが。そんな思いでご提案できる土地を見てまわった。
帰りに同じく四日市市で昨年末お引き渡しをさせていただいたW様宅にお伺いをしたがお留守だった。
今朝、奥様よりお元気なお声でお電話をいただいた旨を日下部より報告をもらった。
先週末は午前、体感ハウスでご見学のお客様と過ごし、午後には同じく昨年末お引き渡しをさせていただいた津市のI様宅へお伺いをした。
「この家に癒されます。まだまだ片付けないといけないのですがなにか疲れません。自然と体が動きます。寒いところがないっていいですね。」
お出迎えくださる奥様のお声と笑顔に元気をいただいた。
同日夕刻には鈴鹿市I様宅へお伺いした。
建て替えを検討され、お土地をみさせていただくお約束をしていた。
「自分たちのこれからの老後を託せる家を探していました。」と奥様。
「苦労をかけてきた家内を喜ばせてやりやいと思います。」とご主人。
このご主人の一言に目頭がうるんだ。胸をうった。
今週の後半には岐阜県Y様邸の木工事完了時点での社内チェック、そして外構の打ち合わせも予定している。
週末20日には津市のM様邸の地鎮祭、週明け22日はあま市Y様邸の3回目の現場打ち合わせ会が行われる。
同じく22日は北名古屋市A様邸の断熱ならびに涼温換気リフォーム工事が始まる。
来週末には同じくあま市でK様邸の2回目の現場打ち合わせ会を予定している。
また、月末には春日井市I様邸の敷地造成工事が終り、鈴鹿市のM様邸の基礎工事が完了する予定だ。
お客様の期待におこたえしたい。
毎日の「励み」をお客様からいただく。
そして自身も家族とともに健康でいられることに感謝です。

株式会社マルカ 近藤 元和




page top