マルカの家 いい家 外断熱 空気のきれいな家 涼温な家 ゼロエネの家 注文住宅 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀

マルカ「住み心地」通信

日々の住み心地

2016年12月29日(木)

近藤元和

「今年もありがとうございました。」

「『建ててしまった人は読まないで下さい。』(いい家が欲しい。)この文字がずっと気になっていました。使い慣れた以前の家とつながっています。「涼温な家」は今までとは全く違うものでした。もう戻る気がしません。」
町がコンビナートで成り立っている時代があった四日市市、I様より住み心地感想をお聞かせいただきました。「今では以前と違い空気環境もよくなっているのですが、この家のフィルターを見ると外の空気はやはり汚れています。空気がきれいな家に住めるのは本当にありがたいものです。幸せです。」とご家族でお話してくださいました。

お父様が「涼温な家」を勧めてくださった三重郡K様からも。
住まれて3年を経過されました。奥様のご実家も外断熱・ソーラーサーキットの家。「冬に冷え込まず、夏も昔の家に比べると断然快適だったのですが「涼温な家」を知ってしまうとやはりこちらがいい。実家が近いので子供たちは冬は行ったり来たり。でも夏はずっとこちらです。正直ですよね。両親も満足しているので、これはこれでいいのではと思いっています。」と楽しくお話を聞かせてくださいました。

お客様の幸せを願い、ともに家造りに励む仲間がいます。
家造りに精通し、「涼温な家」を造り込む技量を心得ています。
お客様の喜びの声をお聞きするたびにその気持ちは高まると皆が言います。
「自分の家族に住まわせたい。」それが正直で切実な思いであることは言うまでもありません。
 
今年はその思いが叶ったスタッフの中からも瓦屋の紀太君夫妻が住み心地感想を寄せてくれました。自らが「住む」体験によって得られるものすべては「涼温な家」に住まうお客様へのアドバイスや住まい方として情報交換の場に活かされています。
「今年も「暑い」「寒い」を考えることなく過ごしています。2年になります。以前の家は、暑さ、寒さがついてまわりました。この家にすんでから風邪をひかなくなりましたね!・・・」うれしい感想を聞かせてくれました。

またこの秋には「いい家が欲しい」に登場してくださった三重県伊勢市の岸本様がご一家でお越しくださいました。「このあと母に聖宝寺の紅葉を見せたくて。今回は子供たち家族も一緒です。」と笑顔いっぱいに語られ楽しいひと時をご一緒させていただきました。
「やはりこの家はいい。いいから人に勧めたくなるんですよ。」と、以前住み心地感想の取材にお伺いした時と何一つ変わらず住み心地をお聞かせくださったご主人のお言葉がとてもうれしかった私たちです。


お出会いさせていただいた多くのお客様、またご支援くださる多くの皆様より「励み」をいただき、今年も無事活動を終えることが出来ました。
皆様のお気持ちを大切にし、これからも頑張らせていただこうと思います。
どうか来年もよろしくお願い申し上げます。

株式会社マルカ 近藤元和

日々の住み心地

2016年12月15日(木)

近藤元和

年内最後の上棟。

 今日、愛知県東海市N様邸の新築建て方工事を完了した。
昨日、上棟にあたりN様がご挨拶くださった。
「皆さんありがとう。無事の完成を心から願っています。高い所での作業が続きます。どうか安全に気を付けてこれからもよろしくお願いいたします。」
私たちの労をねぎらってくださるとともに、工事安全を願うお気持ちを皆に伝えてくださった。
「無事完了したよ。」工事部長太田の報告にいつもながらに安堵する。
意匠としてのデザインもあり、南方向に2階上部の棟位置から1階の玄関ホールの上までを一気に一枚屋根にしている。そんな訳で、よりの安全を願っていた。
 作業休憩の間にN様を中にご案内した。「あの収納の奥がセンターダクトがくるところですね。これからさらに木材が組み込まれていくのですね。」
そばのヒノキ柱にそっと手を添えられ、そう言われた。
無事の完成を願ってくださるN様は以前にも言われた。
「私は木の家がいい。このあたりは発展してきていますが大きな鉄工所と畑もたくさん点在しているので外の空気を入れ込むところできれいにできる換気がいい。」と。空気がきれいで冷え込むことのない暖かな家を春にはN様にお届けできる。
皆で安全と健康に気をつけて頑張ろうと思う。

株式会社マルカ 近藤元和



page top