マルカの家 いい家 外断熱 空気のきれいな家 涼温な家 ゼロエネの家 注文住宅 三重 愛知 名古屋 岐阜 滋賀

マルカ「住み心地」通信

日々の住み心地

2016年11月23日(水)

近藤元和

ずっと心に残っている。

 上棟にあたりO様宅へお伺いしたときのこと。
「年が明けると64歳になります。」と申し上げると、
「近藤さん、まだまだ若い。でも私の60代はすごく楽しかった。これで70代も楽しく過ごせそう。とてもうれしいです。」そうおっしゃられたO様のお言葉が今もずっと心に残っている。
自分もそうありたいと願うが自問自答の日々が続く。
岐阜市O様邸の上棟、建方工事は先週末完了し、現在、壁面.外断熱工事の準備に入っている。
O様は「いい家が欲しい。」をはじめとする私たちの4冊のご本をお読みくださった。
「いい時に巡り合えたのだと思います。涼温な家が求めてこられた完成型の家であることが書かれていました。そのことがよく理解でき、わかります。」
「換気は何より大事。とはいえ今まではデザインに目がいっていました。換気は何にもまして考えることですものね。」
 O様ご夫妻はともに現役の医師であられる。
ご期待に添い、そしてご縁を大切にし、健康に生きることの多くを学ばさせていただけたらと思う。

株式会社マルカ 近藤元和



日々の住み心地

2016年11月01日(火)

近藤元和

我が家もそうしたい。

「桑名に伺った時のあの形がいいです。傘が要らない。足元を気にせず内玄関から入ればお客様用の玄関はいつでもきれい。そこでお話できるスペースもいい。内玄関に合わせた納戸にいつでもエレベーターが入る話し。我が家もそのようにできますか!」
お出会いの後の鈴鹿市I様との話し。(ブログ:2016.5.19)
本日、鈴鹿市I様邸の上棟建方工事に入った。屋根の外断熱工事と合わせて明日いっぱいかかる予定。いつもの信頼できるメンバーだ。
定期的にリーダー・太田より連絡が入る。PM3:00、本日後半の作業進捗状況の連絡が入った。大きさもあり、今日のところは屋根一層目の野地板が張れるかどうかのところだ。あせらず慎重な作業を願い後を託した。
I様のご期待に沿いたい。その気持ちで全員がつながっている。連絡が入る度に感じた。うれしい。
先月より上棟建方工事が続いている。
一昨日は岐阜県O様にお会いした。水廻りとともに内装のお打合わせに入った。同席の近藤祐介にたずねられた。「桑名のモデルハウスに住まわれて、漆喰塗のお部屋とクロス張りのお部屋の違いを感じますか。漆喰のやさしく感じるところが気に入っているのですが。」
桑名は2階、小屋裏を漆喰塗にしている。彼なりに感じるところを語っていた。
今月16日にO様邸の上棟建方工事を行うことになった。
昨日は東海市N様にお会いした。同じく水廻りとともに内装のお打合せに入っている。上棟建方工事は来月17日になった。
楽しみにしてくださるお客様のお気持ちを大切にしたい。

株式会社マルカ 近藤元和


page top